ブログ|岩手県北上市立花で脳神経内科をお探しの方は及川脳神経内科クリニックまで


時間 日・祝
8:30~12:00
14:00~17:30

: 8:30~12:30 休診日: 火曜午後、土曜午後、日曜・祝日

※受付終了時間:月・水・木・金は午前は11:30まで、
   午後は17:15まで、火・土は12:00まで

〒024-0043 岩手県北上市立花10地割28番地1

  • 電話
  • メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

片頭痛治療について

2021年9月23日

片頭痛でお悩みの患者様に、当院では新たな選択肢として注射薬での治療を行っております。

日本では頭痛を訴える患者さんは4人に1人と言われており、その中で約3割を占めるのが片頭痛です。典型的にはズキンズキンという激しい痛みを伴い、日常生活が困難となる非常につらい頭痛です。

片頭痛は、様々な誘因を引き金にセロトニンという脳内物質が減少することで、三叉神経が興奮してしまい、CGRP(カルシトニン遺伝関連ペプチド)という血管を拡張させる物質が放出されます。このCGRPは、頭蓋骨にある硬膜や三叉神経に分布しており、片頭痛発作時の血管拡張や炎症反応の直接の原因とされています。

そこで登場したのがCGRPやCGRPの受容体に対して働く新薬で、抗CGRP抗体製剤(エムガルティ、アジョビ)と抗CGRP受容体抗体製剤(アイモビーグ)があります。いずれも注射薬ですが、投与本数や投与間隔が多少異なります。詳しくは診察時にご説明いたします。

片頭痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

ページトップへ